雑魚の云々

.--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.07

未分類

百日紅

「百日紅」と書いてサルスベリと読む。

いま、夏を盛りとあちこちで咲き誇っているあのピンク色の房状になった花だ。

気をつけて見ると、白もあるし、濃いローズピンクも文字どおりいろいろなのだが、一般的に思い浮かべるのはピンク色だ。

うちの狭い庭にもサルスベリがある。幹をみればこの木の名付けの意味がすぐ分かるような、サルも嫌がりそうなつるんとした木肌だ。

いまのサルスベリは二代目である。しかも買ったときから病気持ちであった。

一代目は家を建てたあとすぐに庭木に植えた。いい枝ぶりの木で気に入っていたのだが若気の至りで、草むしりが面倒で除草剤を撒いたら枯れた。そのときは、大いに反省した。わずか、5年目くらいだった。

そのあと別の木をとも考えたが、やはり夏の暑い時期に夏中ピンクの房を風に揺らして咲き続けるサルスベリがいいなと思い、買いに行った。

そのとき適当な大きさで、ピンク色はこの木しかなかった。園芸店の方は「病気がついてるからやめたほうがいいよ」と言われたのだがどうしても欲しかったので買った。

病気くらい治してやる!といった気負いもあったかもしれない。が、そうゆう問題でもなかった。やはり病気は病気である。毎年カイガラムシには悩まされる。木の内部に腐った部分がある。うどんこ病も発生している。

それでもカイガラムシを食料としているアリはいそがしそうに上り下りして、生活の場となっている。

小ぶりではあるが 今年もたくさん花を着け けな気に咲き続けている。このまま9月まで咲いては散りを繰り返すだろう。夏の青い空によく映えて、わたしはこの百日紅が好きである。

ところで、木って年輪で何年たってるか分かりますが、どこから大きくなっていくのか解りますか?

中心?それとも外側?

答えは・・・・

はい!ファイナルアンサー!!渡辺さん

答えは 外側でした。つまりわたしといっしょです。ゲッ!



NEXT Entry
今日はピースフェスタがあるというのに・・・
NEW Topics
さつま揚げに挑戦!
ももへの手紙
まだまだ花見!
アントキノイノチ
大野権現山

Comment

Trackback
「百日紅(さるすべり)の花」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました...

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

じゃこ

  • Author:じゃこ
  • 日本の良さってなんだろう!
    山を歩く・・
    素材にこだわる・・
    侘び寂びのこころ・・
    そして、癒しを追っかけしています!







ブログ検索


ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード 管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。