雑魚の云々

.--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.29

山とマラソン

クマさん許して!

もうしばらく山に行っていなかった。

ようやく休日も揃った5人、早朝から待ち合わせて県北の山に向かった。今日は絶好の登山日和、目指す山は県境のスキー場の隣・・
つつじが咲く5月の頃は、山がピンクに染まると言う知る人ぞ知る山。

わたしたちはこの山に登るのは三度目である。3年前に登った時には、つつじもきれいで思わぬ副産物もあった。

副産物・・それはメンバーの一言から始まった。
「これ、バカの芽っていって食べれるんですよ」

登る途中の道に落ちていた木の芽、たぶんこの時期にお腹を空かせたクマが新芽をあさって落としていったものだとおもう。

みんな半信半疑ながら、イタメシシェフのその言葉を信じてときどき見つけては採りながら歩いた。

下山して、ウチとシェフだけが分けて持ち帰った。我が家で天ぷらにして食べてみたところ
「う~~~~ん!美味~~~~!!!」

バカの芽=コシアブラの芽ということも分かり、来年も行こう!ということになり・・

二回目の2年前はタラの芽もみつかって、採り立てを山でてんぷらにして食べた。

そして三回目の今日、つつじはまだ早かったようでほとんど咲いていない。しかし花よりダンゴのわたしたち・・探すのはひたすらバカの芽・・

つつじも咲いてないと言うことは、当然バカの芽もない。。以前必死で採ったあたりも、まだちょこっと芽をだしたばかり。。採るのには忍びないほどのものだ。

今日の昼食は「バカの芽のてんぷら」と決めていたわたしたちは、目を皿にして歩いていたが、半分あきらめていたころ・・下山の途中からひょろっとした木に食べごろのバカの芽を見つけた。そこから下はあちこちにちょっとずつだが、あるある!道をはずれてどんどんバカの芽探しに夢中になっていたら

「グルルルルル~~~」と響く音・・

!!!?(なに、モーターの音?)しかし次の「グルルル・・」でよみがえる記憶!

わっ!く、クマだ!!あれは、忘れもしない恐羅漢に登ったとき、至近距離で聞いた威嚇のうなり声・・

仲間に「いまクマがないたよ!」と知らせる。Pサマもうなり声を聞き、「はよー下りよう!」と言っている。わたしはちょうど数メートル先に食べごろのバカの芽を見つけ、あれ採りたいな・・と言うけど、さっさと先に下りていくPサマにしたがって下りた。



クマさん、ゴメンね!あなたに教えてもらった「バカの芽」の美味しさに今年もまた横取りに来ました。まだ早すぎるよバカモン!って注意されたような気がしました。でも下山して食べたてんぷらは、今年も美味しかったよ!ちょっと小さいのも採ってすいませんでした。来年もきっと行くので、ちょっとだけ分けてくださいな・・!

NEXT Entry
仕事してきます!
NEW Topics
さつま揚げに挑戦!
ももへの手紙
まだまだ花見!
アントキノイノチ
大野権現山

Comment
1062
熊さんっ!私も、秋の冠山(石見の)で遭遇しました。平日で女友達2人と登山してたので、他に人もいなくこわかったっす。けっこう近距離だったのですが、熊も恐がって逃げてくれて助かった…。それから下山するまで2人で大声で歌ってました。以上、「バカの芽」を食べ過ぎて腹こわした前科のある柿でした。ああ、山登りしたいなぁ。

1063
柿ちゃんもクマさんに出会ったんですか?
わたしも夫婦ふたりで山に通っていた頃、ごく至近距離で脅かされました。
鈴を鳴らししゃべりながらなんとか山頂に着き、休んで帰る途中に、たったいまやりました!というような、新芽食べすぎ状態?のフンが道の真ん中に残してありました。
ビビリましたよ。すぐ側で見ていたようです。
まぁ、東北のクマと違い襲ってくることはないですね。
出会い頭でないがぎり大丈夫だとおもいます。
でも、ラジオか鈴はぜったい必要です。
あと「森のクマさん」を大声で輪唱するのもいいですよ!


Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

じゃこ

  • Author:じゃこ
  • 日本の良さってなんだろう!
    山を歩く・・
    素材にこだわる・・
    侘び寂びのこころ・・
    そして、癒しを追っかけしています!







ブログ検索


ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード 管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。