雑魚の云々

.--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.16

山とマラソン

体力測定

20090816133356
大峯山に登ってます

八月に入って毎日遊び呆けた結果、1.5kgの体重増加・・。日課にしていたウォーキングも休んでばかりだから当たり前だ。。

なので今日は久しぶりの『真夏の登山』に行ってきた。

場所は佐伯町にある、広島市内で一番高いという『大峯山』1050mだ。

この山に登るのは確か4度目くらいかな?いずれも正規の登山道から登った。・・というのも、吉和へ抜ける道をたどれば、峠の上から登れる道もある。そこから行けばたぶん30分くらいで登れるはずだ。

しか~し、山登りというのは、ただ単に頂上へ登ればいい、というものでもない。頂上まで到達する過程が大事なのである。自分の力で登りつめたという満足感や達成感というのは、ラクして登ったあとには味わえない。当たり前だが、登山の醍醐味は自力で登るということが自分自身を鍛え、頂上に立ったときにやりきった喜びに包まれるのだ。

などとウンチクをたれるほどおおげさなことではないのだが、ま、今日もいつものように朝10時、我が家を出発した。オソッ。。

登山口は別荘地の中から始まる。「関係者以外は入れません。。」という閉ざされたフェンスを、勝手知ったるナントカで鎖をまたいで入って行く。

途中で早々と下りてくる登山客にあう。「霧でなんにも見えませんでした。。」という話を聞いていよいよ登山道へ・・天気は曇りだけど、真夏の晴天よりはこのほうがいい。

そこからは木の階段が延々続く直登だ。久しぶりの登山はなかなかキツイ。。

7合目を過ぎたあたりでまたご夫婦と思われる2人の方とすれ違う。

「そこの展望岩の横の木の所にヘビがいましたよ!」

「え?柄のあるヘビですか?」

「えぇ、たぶんマムシです」

「ぎょ!」

そんな会話を交わして、恐る恐る途中の展望岩へ・・幸いヘビはいなかった。

そこからはいくらか緩くなった坂を上りきれば、頂上の岩に着く。

頂上はちょうど霧が吹き飛ばされて、眺望が現れてくるところ・・やっぱしいい眺めだ。

Pサマは一番上の岩に登って、叫んでいる!「ヘビ!大きなヘビがおった!!」

見るとヘビの抜けがらが完全な形で残されていたらしい。体長1m20cmくらい・・の大物だ。

「サイフに入れとくとお金が貯まるよ・・持って帰る?」って。。悪いけど、いらんワ。。

NEXT Entry
夏の思い出・・・
NEW Topics
さつま揚げに挑戦!
ももへの手紙
まだまだ花見!
アントキノイノチ
大野権現山

Comment
1861
 しかし、元気!やなぁ~~~ええこっちゃね!

わしも「蛇の皮」結構、大事にしてんねんけど・・・

1862
>ナバさん
久しぶりの山登りだったので、今朝もまだ筋肉痛が。。
登りより下りのほうが筋肉使うんですね~。。

ヘビの皮・・信じてるの?迷信でしょ~v-12

でも、いつぞや白ヘビの夢をみたことがあったんだけど、宝くじを買わなかったのが悔やまれて・・。。
今度みたら絶対買うぞ!って思ってるけど、あれから見ないのよね~。。


Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

じゃこ

  • Author:じゃこ
  • 日本の良さってなんだろう!
    山を歩く・・
    素材にこだわる・・
    侘び寂びのこころ・・
    そして、癒しを追っかけしています!







ブログ検索


ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード 管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。