雑魚の云々

.--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.15

映画

ももへの手紙

全国公開に先駆けて、広島 愛媛 先行ロードショーの『ももへの手紙』を観てきた!

舞台は瀬戸内海に浮かぶ『汐島』という設定だ。モデルは大崎上島の豊町になっているようだ。

あの辺りはわたしも行ったことがあるが、いくつもの島が隣り合っていて、橋でつながっているところもあれば、そうでないところもたくさんある。『御手洗地区』というところの街並みもこのアニメでは重要な背景になっている。

物語はももという小学校6年生の少女が父を事故で亡くし、母親に連れられて故郷である『汐島』に帰ってくることから始まる。

母の郷は古い大きな家で、母屋と離れた棟に母とふたりで暮らすことになった。その屋根裏の物置にあった塗りの文庫に興味を惹かれたもも・・・さて、そのなかにあったものとは!

アニメであるからこそおもしろく広がっていくはなし。しかし最後はせつなくもあり、すこしずつ成長していくももを応援したくなる内容だ。

そして背景となる島々の風景が素晴らしい!!!

場内は親子連れの方たちもたくさん見受けられた。

場内が明るくなったとき、うしろの席の女の子、となりに座っているお父さんに聞いている!

少女「おとうさん泣いた?」

父 「・・・・・」

少女「おとうさん泣いた?」

父 「・・・・・」

そのあとも尚しつこく聞く彼女(イジワルカ!)

(泣いたに決まってるだろう!カッコ悪いから応えられないんだよう・・・苦笑)


会場を出るとき、たまたま後ろから聞こえた親子の会話・・・

少年「お父さんは海洋学者だったのかなぁ?」

父 「そうだね、海洋学者みたいだね」

少年「おとうさんは、県庁だから死ぬような仕事ではないよね!」

父 「おとうさんの仕事で死ぬようなことはナイよ~」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フムフム、親子でいろんな感想が飛び交っている。さすがに県知事推奨だけある!

ぜひとも劇場でご家族そろってご鑑賞ください!ってわたしもマワシものか。。

ももへの手紙

NEXT Entry
さつま揚げに挑戦!
NEW Topics
さつま揚げに挑戦!
ももへの手紙
まだまだ花見!
アントキノイノチ
大野権現山

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

じゃこ

  • Author:じゃこ
  • 日本の良さってなんだろう!
    山を歩く・・
    素材にこだわる・・
    侘び寂びのこころ・・
    そして、癒しを追っかけしています!







ブログ検索


ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード 管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。